外壁塗装 直張りサイディングボード下処理編

お世話になっております。 塗巧です。

本日は、とある工場にて外壁塗装をしております。

この工場の外壁は、窯業系のサイディングボードを使用しており、さらに直貼り工法という現在は禁止されている工法で施工されている案件です。

その当時はそれが当たり前だったので仕方ありませんが、塗装方法もそれに沿った適切な処理をしなければ後々剥離につながりますので注意が必要です。

写真を撮り忘れましたが、下塗りを塗ったところです。グレーの部分が下塗りとなっております。

グレーにむら感があるのは、サイディングの表面が痛んで剥がれていた部分んが凹んでいて、下塗りが深く、厚みがついているため濃くなって見えます。

この下地処理が固まったら、シーラーを塗って透湿系のシリコン塗料で仕上げていきます。

直貼りの窯業系サイディングへの塗装は、サイディング内の水分を外部へ逃がせる透湿性の塗装でなければいけません。

次回はシーラーからのスタートになります。

前の記事

ダウンライト塗装

次の記事

外壁塗装