外壁下地処理

お世話になっております。塗巧です。

本日は、昨日高圧洗浄した外壁の下地処理をしていきます。

先に外壁のひび割れにエポキシ樹脂を注入して補修していた部分の凹みをセメント系の下地材で平滑にしていきます。

セメント系のフィラーをコテで塗り、縁をブラシで擦って既存の外壁の模様に馴染ませます。

こうすることで補修跡を目立たなくすることができます。

近くで見るとこんな感じ。

2ミリ以下のヘアークラックには専用の充填剤を注入し、これまたブラシで馴染ませます。

 

前の記事

外壁高圧洗浄

次の記事

外壁下塗りシーラー